今更聞けない結婚式マナー「友人編」

結婚式での友人のマナー

結婚式でふさわしい服装

結婚式が開かれる前には、新郎新婦から結婚式への招待状が届きます。
招待状を返信するときのマナーがあります。

招待状は記載されている返信期限までに、返信すれば良いというものではありません。
招待状は、なるべく早く返信を出すようにしましょう。
招待状が届いてから二、三日以内、最長でも一週間以内に返信するのがマナーとなっています。

新郎新婦は、招待状の返信から料理や引き出物の準備を行います。
なので、メールやSNSなどで、事前に参加するかどうか確認されていた場合でも、招待状の返信はしないといけません。

結婚式に参加する場合には、招待状はなるべく早く返信するのが良いですが、参加できない場合には、すぐに返信するのは良くないです。
招待状で、結婚式への不参加と返信する場合には、招待状が届いてから一週間程度、時間を空けてから返信するのがマナーになります。
結婚式に参加できない、は返信しにくい内容ですが、返信期限ギリギリに返信する方が失礼にあたります。
また、料理や引き出物の手配が遅れることにもなるので、準備する方にも迷惑をかけることになります。

結婚式の招待状は、黒の筆ペンや万年筆で記入するのがマナーとなっていますが、書きなれている黒のボールペンで記入しても大丈夫です。
、。などの句読点は、区切りや終わりを意味するので、使わないように注意しましょう。
書き間違えた場合には、間違えた部分に、定規を使って二重線を引いて修正します。

結婚式への参加不参加を記入するだけではなく、お祝いの言葉も記入しましょう。
招待状に、メッセージを記入する場所が設けられていなくても、招待状の余白部分にお祝いの言葉を記入するのがマナーです。

結婚式会場に行く前のマナー

フォーマルな場である結婚式では、主役を邪魔しない目立たない服装を心がけましょう。 結婚式では、自分も参加者ではありますが、主役は新郎と新婦になります。 しかし、フォーマルな服装であったとしても、結婚式という場だからこそ、不適切となってしまう服装があります。 

多くても少なくてもマナー違反になるご祝儀

お賽銭を入れる際には、ご縁があるように五円玉を入れる方が良い、これ以上の硬貨がないから効果がないと五百円玉はだめ、などの話があります。 結婚式で包むご祝儀にも、入れてはいけない金額があります。 また、包む金額は、新郎新婦との関係性から変わり、友人として結婚式に参列する場合の金額は決まっています。

結婚式が始まってからのマナー

いざ、結婚式が始まってから、お手洗いに行きたくなったときは、タイミングに注意しましょう。 イベントやスピーチを行っているときに席を立つのは失礼になります。 歓談のときやイベントやスピーチが終わってから、次が始まる前に目立たないように席を立って行きます。