今更聞けない結婚式マナー「友人編」

結婚式での友人のマナー

結婚式会場に行く前のマナー

このコラムをシェアする

男性の結婚式での服装

結婚式の場では、男性はほとんどの人が黒色のスーツを着用します。
スーツは、ビジネス用のものではなく、フォーマル用のスーツでシングルとダブルのどちらでも大丈夫です。
結婚式はフォーマルな場ではありますが、礼服よりも準礼服のものを着用する人が多いです。

ネクタイは無地で、色は白やシルバーが無難ですが、パステルカラーのような祝いの席らしい華やかない色でも構いません。
黒いネクタイはお葬式を連想させるので、結婚式では付けてはだめです。
ネクタイピンに決まりはないので、スーツに合うものを付けてください。

スーツの中に着るシャツは、基本的に白色の襟のあるシャツを選びましょう。
ボタンダウンのシャツは、カジュアルなシャツになるので、結婚式では適切ではありません。

靴は、黒色の革製やエナメル製のひも靴で、ストレートチップかプレーントゥを選びましょう。
靴下の色は無地の黒色が良いですが、グレーやネイビーでも大丈夫です。

女性の結婚式での服装

女性の場合には、ドレススタイルで参列します。
結婚式の場では、露出は控えましょう。
肩が出るドレスや丈の短いドレス、身体のラインが出るドレスはだめです。
動物の柄やファー、革製のものは殺生を連想させるので結婚式の場では適切ではありません。

ドレスの色は、派手な色でなければ何色でも構いません。
しかし、ウエディングドレスの色と被るので白色はだめです。
明るいベージュ色は、光の加減で白色っぽく見えてしまうことがあるので、避けた方が良いです。
派手な柄のドレスは、カジュアルに見えるので注意しましょう。

結婚式では、黒色のドレスも着用しても問題ありません。
しかし、真っ黒な恰好では暗い印象を与えるので、羽織やアクセサリー、バックなどで華やかさを足しましょう。

アクセサリーは必須で、バックは小ぶりのパーティーバック。
靴はヒールのあるパンプスが正装ですが、つま先が出るものはだめです。