今更聞けない結婚式マナー「友人編」

結婚式での友人のマナー

多くても少なくてもマナー違反になるご祝儀

このコラムをシェアする

ご祝儀に包む金額

祝儀袋にも色々な種類がありますが、一般的には包む金額に合わせて選びます。
ご祝儀袋は、包む金額の百分の一の値段のものを選ぶのが一般的です。

結婚式の場では、水引の結び直しができない、結びきりを選びましょう。

友人として結婚式に参列する場合には、三万円がご祝儀の金額の相場になります。

四は死、九は苦となるので、縁起が悪い数字なので一般的には包みません。
偶数の金額は、夫婦が別れることを連想させるので、避けましょう。
偶数の金額を包む場合には、一万円だけではなく五千円を入れて枚数を変えると良いです。

新しい門出を祝う結婚式では、新札のお金を入れるのがマナーになっています。
お札を入れるときは、人が描かれている方が上で、描かれている人が右側になるように入れましょう。

ご祝儀を渡すときのマナー

ご祝儀袋には、自分が送ったことが分かるように自分の名前を書きます。
水引の下の中央に寿などの字よりも少し小さく、筆や筆ペンで書きます。
万年筆やボールペンはだめです。
また、筆であっても、薄墨で書いてはいけません。

ご祝儀袋をそのまま持ち運ぶのではなく、ふくさに入れて、渡すときに取り出して渡しましょう。
結婚式のような祝い事の場では、赤色や朱色、えんじ色のふくさを使う方が良いです。
ふくさが無い場合は、ハンカチで代用しても大丈夫です。

中袋には金額と住所を書きます。
金額は袋の表に金参萬円のように旧字体で書くのが正式です。
袋の裏側には住所を記入します。
中袋の場合、筆で書く方が良いですが、濃い黒字になるのであればサインペンでも大丈夫です。

受付で、本日はおめでとうございますと言って、ご祝儀を差し出します。
その後には、ささやかですがお祝いです。のようなことを言うのがマナーです。